お問い合せ サイトマップ

いつでも、選んだり、オーダーしたりできる“江戸小紋”

鳩羽鼠色、極鮫文様の江戸小紋 【4301】


たまには 静かに心の中を見つめてみたい...
そんなしっとりとした気持ちにさせてくれる色です
落着きと深みのある 極鮫小紋はいかがでしょうか?

鳩羽鼠(はとばねずみ)色
 ほんのり紫がかった鼠色。江戸時代の鼠色の膨大なバリエーションの一つですが、ほんのりと紫とも茶ともつかない色が深みを加えています。
 ※実際は写真よりももう少し渋みがあります。
 

極鮫
 
鮫の皮のような半円形を重ねた文様です。小紋柄の中でも最も古い文様の一つで、江戸時代には武士の礼装であった裃の文様として使われました。
 鮫小紋は、江戸小紋の染め型紙である伊勢型紙のふるさと「紀州藩」の定め柄でありました。
 特に「極」のつく文様は、3センチ四方におよそ900個孔が彫られた型紙で染められています.
細かければ細かいほど、しなやかな粋姿が映えます。
 江戸小紋三役の中でも、最も愛される文様の一つであり、とても柔らかな風合いを感じさせる立体感のある文様です。



  価格は一反染めあがりの価格です。(生地代+染め代)
  当店の「お誂え江戸小紋」は、ご注文頂きましてから職人さんが一枚一枚お染めしています。
  ご注文に際しての詳しいご案内はこちらでご確認下さい 


 

【お問い合わせ】 
  電話03-6410-8552   FAX03-6410-8554   メール♪


鳩羽鼠色、極鮫文様の江戸小紋 【4301】

価格:

334,800円 (税込)

この商品について問い合わせる

お仕立てのご案内
お気に入りの色、柄がお決まりになりましたら、
お仕立て賜ります。くわしくはこちらから

ページトップへ