お問い合せ サイトマップ

いつでも、選んだり、オーダーしたりできる“江戸小紋”

縹色(はなだいろ)、傘文様の江戸小紋 【710】

しっとりした雨の日は、かしげた傘に女らしさが漂います
江戸情緒たっぷりの傘文様が、小粋でおしゃれ
雨の日も、ちょいとお出かけしませんか?

縹色(はなだいろ)
 縹(はなだ)色」とは古来は藍染め全般をさしていました。
ジャパンブルーの原点の色です。
とても日本の色にふさわしいお色です。


 
今では珍しい蛇の目傘ですが、とても日本情緒を感じさせてくれる道具です。
 一般の人が傘を使うようになったのは、江戸時代、元禄の頃からだそうです。 流行の火付け役は、やはり歌舞伎。「助六縁の江戸桜」という演目で助六が蛇の目傘を持って登場します。
 江戸の頃には、傘はちょっと粋な小道具だったのかもしれません。
 開いた傘、閉じた傘が一面に散らされていて、粋で可愛らしい江戸小紋になりそうです。

 



  価格は一反染めあがりの価格です。(生地代+染め代)
  当店の「お誂え江戸小紋」は、ご注文頂きましてから職人さんが一枚一枚お染めしています。
  ご注文に際しての詳しいご案内はこちらでご確認下さい 


 

【お問い合わせ】 
  電話03-6410-8552   FAX03-6410-8554   メール♪


縹色(はなだいろ)、傘文様の江戸小紋 【710】

価格:

226,800円 (税込)

この商品について問い合わせる

お仕立てのご案内
お気に入りの色、柄がお決まりになりましたら、
お仕立て賜ります。くわしくはこちらから

ページトップへ