お問い合せ サイトマップ

いつでも、選んだり、オーダーしたりできる“江戸小紋”

第9回 地型(じがた)文様について

 ホームページでご紹介している文様の名前のところに、「地型(じがた)」と表示された柄があります。今回は、この「地型(じがた)」について、ご紹介いたします。

【地型(じがた)とは】

|老燭侶浸
 
 例えば、この「亀甲(地型)」の型紙は、おみなえし色(下は紫紺色)のところが彫ってあると思いがちですが、それは逆で、白いところが彫ってあり、おみなえし色(紫紺色)のラインが彫り残してあります。





 この「萩とススキ(地型)」の型紙も、山吹色に染まっている部分の型紙が彫ってあって、そこを黄色く染めているのではなく、白い部分が彫ってあり、山吹色の部分が型紙の彫り残してある部分です。繊細なラインを残して彫るのは大変高度な技術を必要とします。

 

地型の染め

 江戸小紋の染めは、生地に型紙を置いて、型紙の彫ってある(穴のあいているところ)に、防染糊を置きます(型付けといいます)。糊が乾いてから地色を染めて、蒸して色を沈着させ、その後に洗い流すと、最初に置いた糊が落ちて白い部分が登場する!という染め方です。
 なので、型紙の紙が残っている部分(彫っていない部分)に地色が染まります。

 ですので上記の2例では、一見すると地色は「白」と思いがちですが、江戸小紋では、白い部分を「目色」、紫紺色、山吹色がそれぞれ「地色」となります。

 このように、地色が柄を描き出している文様を「地型(じがた)」と言います。


G鬚ど分が多すぎて、どうなのかしら?と感じたら。。。



 地型の文様は白目の部分がとても多くなります。
 白いままでもハツラツとしてよろしいかと思いますが、白すぎる?と思われましたら、裏染めや2色染めをおすすめします! 

*裏染めのおすすめ
 裏を染めると表地の白い部分にほんのりと色がうつります。このように白色に落ち着きを加えてみると、お着物としてのグレードアップにもなります。

 
(裏を同じ色で染めてあります)
裏を染める時にも型染めをして、センスの良いひとえのお着物にもいかがでしょう〜?!




※2色染めのおすすめ

 また、白い部分に色を加えることもできます!(2色染め)
 2色染めにすると全く違うイメージのものが出来上がったりするのも楽しみです。
 ※2色染めの「お試し染め」も承っております




●ホームページでの各文様のご紹介ページ

 ・女郎花色(おみなえしいろ)、毘沙門亀甲文様→クリック
 ・紫紺色(しこんいろ)、亀甲文様→クリック
 ・山吹色、萩とススキ文様→クリック
 ・涅色(くりいろ)、氷割文様→クリック
 ・浅縹色(あさきはなだいろ)、氷割文様→クリック
 ・紫苑色(しおんいろ)、竹林文様→クリック
 ・黒色、乱菊文様→クリック

ページトップへ