お問い合せ サイトマップ

いつでも、選んだり、オーダーしたりできる“江戸小紋”

第1回 「大小あられ」



空から降る元気な氷粒

 「霰(あられ)」とは、空から舞い落ちる、細かい氷の粒のこと。
 気温が0度近くなり、雪が氷に変わり「霰(あられ)」となります。
 雨と雪が交じって降る重みのある「霙(みぞれ)」や、粒の大きな「雹(ひょう)」と違って、細かくパラパラと美しく空を舞い、かすかな音をたてて地面に飛び跳ねるのが「霰(あられ)」。


江戸時代、島津藩の定め柄
 「大小あられ」文様は、江戸時代の薩摩島津藩の定め柄でした。つまり島津武士のユニフォーム。
 昨年の大河ドラマ「篤姫」で、高橋英樹さん演じる島津斉彬や、瑛太さん演じる小松帯刀が江戸城に上がり将軍様にお目通りを許された際に身にまとっていた「裃(かみしも)」の柄が「大小あられ」文様でした。

 大小の「霰(あられ)」が地面に飛び跳ねる勢いの良さは、明治維新の立役者、薩摩島津藩の面々や篤姫の、筋の通った気骨のある人生に通ずるところがありますね。

人気のわけ−「格」と「情緒」、「かわいい」と「粋」

 「大小あられ」は、江戸小紋の文様の中でも人気の高い文様のひとつです。
 「鮫(さめ)」「行儀(ぎょうぎ)」「通し(とおし)」の江戸小紋三役に、「縞(万筋)」「大小あられ」を加えて江戸小紋五役といいます。
 三役、五役の文様は紋を入れることで略礼装とすることができる「格」のある文様です。

 しかし、「大小あられ」は、そのような「格」のある文様ではありますが、若いお客様には、「ドット柄」「水玉模様」などと言われ親しみやすい柄でもあります。
 紋をいれずに、お好みの名古屋帯などで気楽にお召し頂ければ、品のある街着にもなります。
 「ドット」や「水玉」と呼ばれるプリント柄と異なるのは、やはり手で彫られた粒粒なだけに、情緒ある情景を描き出していることです。

 また、「大小あられ」は地色によって異なった趣を演出してくれます。
 紅色系などの色で染めると、上品で大変かわいい印象を与える江戸小紋に仕上がります。
 一方、墨色系の地色で染めると、なんともで色っぽいのある着こなしも映える江戸小紋になります。
 正に、江戸小紋は“色で着る”です。


 さて、こんな魅力的な「大小あられ」文様はいかがでしょうか?


 「大小あられ」の粒の大きさによって、細かいものから粗いものまで4種類の型をご用意しています。
 細かくなるほどより無地感が増して美しく光る江戸小紋に仕上がります。

 お店には常時お見本のご用意がございます。
 ぜひお手元でご確認くださいませ。
 
 ホームページではこちらのページで!
 ご遠方の方には「お試し染め」もご用意しております。
 どうぞお気軽に!










第2回 「鮫(さめ)文様」



*鮫(さめ)小紋、商品ページはこちらから*

江戸小紋、代表選手

 小さな点々の連続で図柄が構成されている、江戸小紋独特の文様の中のひとつ。
 もっとも古くからあり、最も人気の文様といっても過言ではない「鮫文様」です。
 お母様やお祖母様がお着物をお召しになる方なら、タンスの中に一枚ぐらいはあるかもしれません。
 特に茶道をなさる方には時代を超えてこよなく愛されています。
 また、お子様のお宮参り、卒入学などの式典や、ご友人ご親戚の結婚式などのフォーマル仕様には、文句なしに選ばれる、江戸小紋ならではの美しい文様です。
 
紀州徳川藩の定め柄

 紀州徳川藩は、江戸小紋を染める「伊勢型紙」の産地を統治した藩です。
 江戸時代になり戦のない平和な時代が訪れると、お洒落の需要も増し、型染めの着物を染める「伊勢型紙」は、紀州藩の庇護を受けて、大変豊かな富をもたらしました。
 どうしてこの文様が生まれたのかは定かではありませんが、豊かで力のある藩であった紀州藩。
 当時の武士たちの刀の柄の部分には貴重品であった「鮫皮」を巻くのが高級武士のステータスであったた時代、裃にも「鮫」柄をという発想だったのかもしれません。(あくまで店主の憶測)

「極」になるほど光沢を持つ不思議な文様 

 鮫小紋は、鮫の皮のような半円形を重ねた文様です。
 この半円形の曲線の積み重なりが光をたくみに反射するので、お召しになる方の動きに合わせて、とてもしなやかに輝きをはなちます。
 遠目には、光沢のある生地の色無地かと思われますが、近づいてびっくり!
 なんとも細かい匠の技に息を飲むほどです。
 
 当店では、柄の細かさによって、『極』『中』『並』の3種類をご用意しています。
 細かくなればなるほど、色味が薄くなり、キラキラ度も増します。


※やはりお手にとってご覧頂くのが一番なのですが、少しご紹介いたします。
 同じ色で「上」が『鮫』、「下」が『鮫』です。

 
極鮫


中鮫


※同じ色で「上」が『鮫』、「下」が『鮫』です。
(極鮫)


(並鮫)
 
 細かくなるほど「格」もあがりますが、やはり「お色」の好みやお顔移りが一番大事です。 
 ご用途、お好みにあわせて、ぜひ一度お顔にあわせて、お手元でご覧頂きたいと思います。

 ご遠方の方には「お試し染め」を承っております。
 どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。

 
 

第3回 「万筋(まんすじ)」



*「万筋」の商品ページはこちらから*

万筋(まんすじ)とは?

 江戸中〜後期には、縦の縞柄の着物が流行しました。
 江戸初期の頃までの縞は、「昔の織筋は横を専として、また大筋多し」と江戸の風俗を記した 『守貞漫稿(もりさだまんこう)』)にあるように、大柄の横縞が多かったようです。
※『守貞漫稿(もりさだまんこう)』は喜田川守貞が江戸時代の三都の風俗を記した「近世風俗志」
 それによると、「一と羽ごと色を隔つを万筋と云ふ」と記されています。
 「一と羽」とは経糸二本のことです。
 織りもの(平織り)の場合は、1本の経糸では破線となってしまうので、連続した線にするには2本必要です。2本ごと(一と羽ごと)に色を変えた縦縞を万筋といい、万筋は織筋の中では最も細かい縞柄ということになります。
 
 型染めの江戸小紋の縞は、さらに細密さを追求し、一寸の幅に19本、20本の「毛万筋」、23本の「二ツ割」、26本の「玉縞」などが染められています。

とても難しい型染めの技

 縞を染める型紙は、大変高度な技術を必要とします。
 単純に縞を彫っただけでは、ヒラヒラして、染める時にヘラがあてられません。
 ですので、「糸入れ」という作業が施されています。
 まずあらかじめ型地紙を2枚にはがしておいて、その2枚を重ねて縞を彫ります。
 彫り終わったら2枚にバラして、その間にに絹糸を横に何本も張ります。
 そして縞がずれないように2枚を柿渋で張り合わせるのです。
 この技術は重要無形文化財にも指定され、大変高度であり、今ではとっても稀少な技術となっています。

*〜「万筋」のお話は染一会ブログでも詳しくご紹介しています!どうぞこちらから〜*

いつかは万筋
 
 染めあがった「万筋」は、手技ならではの、1本1本の筋の太さ細さの微妙な異なり、「糸入れ」の跡が細かい縦縞の中にかすかに見え隠れし、より一層しなやかで小雨のような風情が描きだされた、えもいわれぬ美しい反物です。。

 そのため、「技術が高度だから」というだけでなく、染めあがった反物そのものが文句なく見る人を惹きつけます。江戸小紋の中では大変高価なものですが、その制作過程を鑑み、実物の染めをご覧頂くと、感動すら覚える逸品です。。

 手に取ってご覧頂くと、機械で染めた「ストライプ」とは全然異なるものだということが、きっとお解り頂けるものと思います。

 どうぞ “いつかは万筋” ぜひ、その身にまとってみませんか・・・!!

 

毛 万 筋




万 筋 (二ツ割)




玉 縞

 


 当店では、「万筋」につきましては、「染め」のご注文を頂いてから染めあがりまでに約2ケ月の期間を頂戴しております。お仕立てを入れると約3か月を要します。
 お誂え染めをなさいます際には、どうぞ期間の余裕を持ってお申し付けくださいませ。



第4回 「菊」文様



日本の花、春が「桜」なら、秋は「菊」

 「菊」は日本の秋を彩る花です。
 奈良時代に日本に渡来した菊は、江戸時代には鑑賞用としての栽培がすすみ、以来、秋になると伝統的な“菊づくり”の腕を競い美しさを愛でる“菊まつり”が各地で開催されます。
 手間暇を惜しまず愛情をかける菊づくりは、「菊づくり 菊見るときは 陰の人」と詠まれ、子供を育てるも同じだとして、結婚披露宴での両親にも例えられます。
 日本人にとって菊の花は特別な思いのあるものです。

 鎌倉時代に後鳥羽院が紋章として用い、その後皇室のご紋章としても使用されるようになり、明治になってからは正式なご紋章として制定された「菊」は、日本を代表する花です。




「雪輪に菊」(商品ページはこちらクリック)

延命長寿の瑞祥花

 中国では「菊」は、「仙花」と呼ばれ「抗老」の力があると信じられてきました。
 中国の古い故事『菊水伝説』では、「麗(れき)県地方の上流には、菊の花がたくさん咲き、菊の花のしずくが落ちる谷川の水を飲むその地方の住民には、百歳を超える長寿者が多い。また、その水を飲んで長患いを治して百歳まで生きた武官がいたことから都でも菊の種をまくようになった」と記されています。
 『菊水伝説』は平安の貴族たちがこよなく愛読した書物です。
 『紫式部日記』では、菊の香りをうつした綿が届けられ、それで体を拭くと若返ると添えられていたと書かれています。

 中国では、九月九日の重陽の日に菊酒を飲むと長寿が保たれるという風習があり、それが日本にも伝来して、この日には宮廷で「菊花の宴」が催されました。
 お酒の名前に「菊」の文字がつくものが多いのも、このいわれに則ったものだと思われます



「菊唐草」(商品ページはこちらをクリック)

バリエーション豊富な文様

 江戸時代には菊の品種改良が進み、それに伴って、「菊の文様」も野菊から大輪の菊まで爆発的にバリエーションが増え、様々な意匠化がなされました。
 江戸小紋にも大変多くの文様バリエーションがあります。
 当店では20種類近いバリエーションをご用意していますので、ぜひご覧になってみて下さい。


菊文様の商品ページはこちらです。(クリック)



第5回 「地落ち(じおち)」の文様



 『地落ち(じおち)』
の型紙は、柄の輪郭線を残して、その周囲を点々で埋め尽くして彫ります。

 染めた時には彫り残した輪郭線の部分に地色が入りますので、柄の輪郭が浮かび上がり、周囲の細かい点々がとても微細な美しさを放ちます。

 熟練した彫り師と、染め師によってのみ完成する、繊細で高度な美しい様式です。
 
 とても繊細な文様のため、遠目には「極」と名のつく文様と同様に、無地に見間違えますが、実はそれぞれに細かな文様が染めだされているため、大変しなやかに身に添い、江戸小紋ならではの美しい着姿が完成します。
 


【地落ち 桐の葉】




商品ページはこちらです



【地落ち 梅】



商品ページはこちらです



【地落ち 貝】



商品ページはこちらです



【地落ち 梅と丸紋唐草】



商品ページはこちらです



【地落ち 松葉】



商品ページはこちらです



【地落ち 桜花びら】



商品ページはこちらです


 その他の地落ち文様はこちら

  地落ち 「枝桜」

  地落ち 「梅」

  地落ち 「菊唐草」

  
地落ち 「桐と菊」


 とても気品があって、しなやかな情緒のある、地落ちの江戸小紋はいかがでしょう?
 江戸小紋は技術レベルが高ければ高いほど、遠目には無地に見えます。
 しかし、近くに寄ってびっくり!この細かな仕事には息をのみます。
 お茶席やフォーマルなお席にも相応しい、大変美しいお着物に仕上がります。

 ぜひ一度、お試し染めご来店にて、お手元でご覧になってみてください。

第6回 「行儀(ぎょうぎ)」文様



※ 行儀文様 商品ページはこちらから

行儀文様は、「鮫」「通し」とならび、江戸小紋三役のうちの一つです。
江戸小紋を代表する柄であり、紋を入れることで略礼装にもなる格のある文様です。

「礼を尽くす」というステキな意味
行儀の柄は、斜め45度に小さな点々が規則正しく配列されてることから
行儀作法、「礼を尽くす」という意味を持つ文様です。
45度は大切な相手にに挨拶をする時の最も丁寧なおじぎの姿ともいわれます。
折り目正しく礼を尽くす、そんな振る舞いにふさわしい文様です。

微塵の細かさに技が光る「(極)行儀」
行儀は、3兒擁に900余りの点々で埋め尽くされています。
遠目には無地と見間違う微細な柄ですが、同じ「極」でも極鮫のやわらかい輝きに比べて
やはり直線的な並びの行儀の輝きには清々しさがあります。


こちらは、(極)行儀文様です。
※右下の写真は5兒擁の柄の大きさの目安です。

 


(中)行儀文様になると、少し離れても行儀の柄がわかります。
ちゃんとした礼装にもふさわしい細かさです。
※右下の写真は5兒擁の柄の大きさの目安です。

 


(並)行儀は、点々の間隔が広くなり、フォーマルのみならず、カジュアルな着こなしにも似合います。
※右下の写真は5兒擁の柄の大きさの目安です。

 


※ 行儀文様 商品ページはこちらから



当店の店長がお店で時々着ている江戸小紋、「中・行儀」文様です
**こちらの「染一会ブログにてご紹介」(クリック)**

第7回 梅と桜、そして牡丹



 春の花、日本の花の代表選手 「梅」「桜」、そして「牡丹」文様の江戸小紋はいかがでしょう。


*〜* 梅 *〜*



 「梅の花」は、とっても寒い寒い、雪でも舞いそな日に 花開きます。
 「梅」は百花にさきがけて咲く早春の花です。
 寒さに耐えて可憐な花を咲かせる梅の花。
桜とちがって、ゆっくりと咲きはじめ、ゆっくりと散りゆきます。

 こんな有名な歌があります。
 『東風(こち)吹かば匂いおこせよ梅の花 あるじなしとて春な忘れそ』(菅原道真)
 梅をこよなく愛した道真公が陰謀により太宰府へ左遷される際に自邸の庭の梅に詠んだ歌です。
 その梅の枝があるじを慕って、一夜にして京から太宰府まで飛んできて根付いたという伝説もあります。

 「凛としたつつましやかな気品」そして「忠誠心」こそが梅の美しさです。
 そう思って梅の花を眺めると、心の底がジンとする愛おしささえ感じます。
 梅は、そんないじらしく凛々しい花です。



「梅」女郎花色 /「梅と源氏香」長春色



*〜* 桜 *〜*



日本の花「桜」
梅がゆっくりと散りゆくと、桜の季節です。
毎年桜の開花を日本全国が待ち焦がれ、まさに春爛漫、
新しく明るい春の訪れを告げてくれます。

なので、こんなふうに歌に詠まれるほどです。
『世の中に絶えて桜のなかりせば 春の心はのどけからまし』(在原業平 )
世の中に桜というものがなかったなら、春に(桜はいつ咲くだろうかとか、雨風で散ってしまわないだろうかなどと)心乱されることはないだろうに、という意味です。

満開の桜は一時(いっとき)すべての人を魅了し、息をのむほどの美しさです。
しかし、あっという間に、はかなくも散りゆき、その散り際さえも美しいと心を奪われます。

桜の「潔さ」「はかなさ」は、なんとも私たち日本人の心を惹きつけてやみません。
なので、花びらの舞い散る姿は満開の時よりも美しくさえあります。
桜は、切ないまでに人々が恋い焦がれる幻想的な花です。

だからこそ、その後の輝ける青葉はひときわ眩しいのでしょうか。



「小桜」(白鼠色/桃染め色)



*〜* 牡丹 *〜*



桜の木が青々とした若葉をつける頃、見事な大輪の花を咲かせる「牡丹」
「牡丹」は「百花の王」とも言われ、富や幸せの代名詞でもある絢爛豪華な花です。

牡丹をあらわすこんな有名な句もあるほどです。
牡丹花は咲き定まりて静かなり 花のしめたる位置のたしかさ(木下利玄)
牡丹の花が位置を定めて静かに佇むように咲いている。
その大きく艶やかな花房が醸し出す、確かな存在感の見事なことよ、という意味です。

「立てば芍薬、座れば牡丹」のように、美人の代名詞でもあり
毅然とした美しさ、きらめく風格
牡丹の花には、そんな眩しい形容がぴったりです。

牡丹はまた、開運招福、延命長寿など、縁起の良い「瑞祥花」でもあります。



「牡丹唐草」/牡丹



※「梅と桜の江戸小紋」文様のページはこちらから

※「牡丹」は「その他植物文様」のページでご紹介しています。

第8回 竹と笹




清々しく爽やかな「竹」「笹」文様の江戸小紋はいかがでしょう。






「竹」はかぐや姫伝説に代表されるように、その節と節との間に不思議な霊力が宿ると言われてきました。
竹には神様が宿るとして、現代でも地鎮祭などのお祓いや、茶室周りなどにも使用されています。

「竹」は常緑であることや、風雪にも折れることがない強い生命力が好まれ、
また一方でその「しなやかさ」も、多くの歌に詠まれ、古くから親しまれています。

まっすぐに、まっすぐに、青々と伸びゆく「竹」の姿に、凛とした背筋の伸びる思いがします。

そんな「竹」や「笹」を江戸小紋でお召しになりませんか?





雪にも折れない
「雪持ちの竹」
(商品ページ)


「(極)竹」文様は
大変細かくてしなやか
(商品ページ)

「竹」の清々しさ
かわいいデザイン
(商品ページ)

「カスミに竹」の
幻想的な景色も素敵
(商品ページ)

「笹」と「竹」のコンビは
江戸小紋らしい描写で
(商品ページ)

爽やかな「笹」の文様は
ひとえにしてもスッキリ
(商品ページ)

大柄の「竹」と「藤」
粋でカッコイイ
(商品ページ)



第9回 地型(じがた)文様について

 ホームページでご紹介している文様の名前のところに、「地型(じがた)」と表示された柄があります。今回は、この「地型(じがた)」について、ご紹介いたします。

【地型(じがた)とは】

|老燭侶浸
 
 例えば、この「亀甲(地型)」の型紙は、おみなえし色(下は紫紺色)のところが彫ってあると思いがちですが、それは逆で、白いところが彫ってあり、おみなえし色(紫紺色)のラインが彫り残してあります。





 この「萩とススキ(地型)」の型紙も、山吹色に染まっている部分の型紙が彫ってあって、そこを黄色く染めているのではなく、白い部分が彫ってあり、山吹色の部分が型紙の彫り残してある部分です。繊細なラインを残して彫るのは大変高度な技術を必要とします。

 

地型の染め

 江戸小紋の染めは、生地に型紙を置いて、型紙の彫ってある(穴のあいているところ)に、防染糊を置きます(型付けといいます)。糊が乾いてから地色を染めて、蒸して色を沈着させ、その後に洗い流すと、最初に置いた糊が落ちて白い部分が登場する!という染め方です。
 なので、型紙の紙が残っている部分(彫っていない部分)に地色が染まります。

 ですので上記の2例では、一見すると地色は「白」と思いがちですが、江戸小紋では、白い部分を「目色」、紫紺色、山吹色がそれぞれ「地色」となります。

 このように、地色が柄を描き出している文様を「地型(じがた)」と言います。


G鬚ど分が多すぎて、どうなのかしら?と感じたら。。。



 地型の文様は白目の部分がとても多くなります。
 白いままでもハツラツとしてよろしいかと思いますが、白すぎる?と思われましたら、裏染めや2色染めをおすすめします! 

*裏染めのおすすめ
 裏を染めると表地の白い部分にほんのりと色がうつります。このように白色に落ち着きを加えてみると、お着物としてのグレードアップにもなります。

 
(裏を同じ色で染めてあります)
裏を染める時にも型染めをして、センスの良いひとえのお着物にもいかがでしょう〜?!




※2色染めのおすすめ

 また、白い部分に色を加えることもできます!(2色染め)
 2色染めにすると全く違うイメージのものが出来上がったりするのも楽しみです。
 ※2色染めの「お試し染め」も承っております




●ホームページでの各文様のご紹介ページ

 ・女郎花色(おみなえしいろ)、毘沙門亀甲文様→クリック
 ・紫紺色(しこんいろ)、亀甲文様→クリック
 ・山吹色、萩とススキ文様→クリック
 ・涅色(くりいろ)、氷割文様→クリック
 ・浅縹色(あさきはなだいろ)、氷割文様→クリック
 ・紫苑色(しおんいろ)、竹林文様→クリック
 ・黒色、乱菊文様→クリック

第10回 「フランス縞」について





■「フランス縞」の文様

 まっすぐの縞文様とも、波打つヨロケ縞とも違い、ゆるやかな曲線の束がところどころで交差しながら、どこまでも続いている文様です。ゆっくりと留まることなく流れ続ける、柔らかなせせらぎのごとく、たおやかな文様です。

■人間国宝 児玉博氏の「フランス縞」を現代に

 「フランス縞」は、伊勢型紙「縞彫り」の人間国宝、児玉博氏(1992没)の彫った型が由来です。 児玉氏の型は連続した縞の束が交差する文様でした。
 現在では児玉氏の型紙は極めて希少となり現役にて染められる型紙の入手が困難となったため、当店では新たに「錐彫り」(細かい点々で文様を描く技法)にて「フランス縞」を再現した型を用いて、フランス縞の持つ柔らかくて優美なデザインを実現させています。

■ 「フランス縞」の名前

 児玉氏自身が名づけたとも、その文様をご覧になった宇野千代さんが名付けたともいわれていますが定かではありません。
 おそらく、文様の優雅な流れるようなデザインが、どことなくエレガントな国「フランス」、そしてもしかすると悠久の歴史を刻み、とどまることなく流れ続けるセーヌの川の流れを彷彿とさせたからかもしれません。

■「フランス縞」は当店開業以来、人気の文様です

 「フランス縞」を染めたお着物は、“しなやかに着る人に沿う江戸小紋”ならではの、品のある優雅な着姿を実現します。
 江戸小紋と言えば「鮫」という「やわらか派」に人気の高い「極鮫(極めて細かい鮫柄)」に比べると、格は下がりますが、無地感覚でお召し頂けるため、ちょっとしたフォーマルシーンにもキレイに映えます。
 さらに、「粋派」の好む「万筋(まんすじ)」などの微細なストライプ柄とも一味ちがう、女性らしいやわらかい表情が魅力の文様です。


水色のフランス縞



淡い浅葱色のフランス縞



絽に染めた忘れな草色のフランス縞



どちらかというと緑系青系の淡い色合いのご注文が多いフランス縞ですが
こんな「檸檬色」も素敵です!


第11回 「寄せ小紋」


江戸小紋の文様は、
江戸時代のお洒落な町人たちにより無数の柄が生み出されました。
菊や梅、お道具や縁起物・・・その数は数えきれません。
一生かかっても、とても着られないほどです。

だからでしょうか?
その理由は定かではありませんが、
色々な柄を欲張って詰め込んだ、「寄せ小紋」があります。
寄せ方もも、詰め込まれる柄も様々ですが、
当店には次の3パターンの「寄せ小紋」柄をご用意しています。

迷って迷って、決められない・・・
そんな方には、楽しさ満載の「寄せ小紋」はいかがでしょうか?

柄の細かさで遠目にはユニークな濃淡をお楽しみ頂けます。



【寄せ小紋(1)】



寄せ小紋(1)のページ、HP内では、ここクリックで!



【寄せ小紋(2)】



寄せ小紋(2)のページ、HP内では、ここクリックで!



【寄せ小紋(3)】



寄せ小紋(3)のページ、HP内では、ここクリックで

第12回 經縞文様いろいろ

江戸小紋の「縞文様」といえば、あこがれの「万筋」が有名です。
「万筋」はこちらクリックでご紹介!)

でも、「万筋」以外にも、こんなにたくさんの縦縞の文様があります。
縦に流れる縞文様は、江戸時代から粋な文様として大変人気がありました。

このページでは、
上から下へ縦のラインが強調される「縞」文様の仲間たちもあわせて
一挙にご紹介いたします。

商品ページ内では「アレンジ縞文様」としてご紹介しています(こちらから


子持ち縞



竹 節



木賊(とくさ)



フランス縞
フランス縞については、こちらのページでもご紹介



立涌(たてわく)



小菊立涌

※こちらの柄は菊文様のページにて


よろけ縞(錐)



よろけ縞



よろけ菱市松

ページトップへ