お問い合せ サイトマップ

いつでも、選んだり、オーダーしたりできる“江戸小紋”

第5回 「地落ち(じおち)」の文様



 『地落ち(じおち)』
の型紙は、柄の輪郭線を残して、その周囲を点々で埋め尽くして彫ります。

 染めた時には彫り残した輪郭線の部分に地色が入りますので、柄の輪郭が浮かび上がり、周囲の細かい点々がとても微細な美しさを放ちます。

 熟練した彫り師と、染め師によってのみ完成する、繊細で高度な美しい様式です。
 
 とても繊細な文様のため、遠目には「極」と名のつく文様と同様に、無地に見間違えますが、実はそれぞれに細かな文様が染めだされているため、大変しなやかに身に添い、江戸小紋ならではの美しい着姿が完成します。
 


【地落ち 桐の葉】




商品ページはこちらです



【地落ち 梅】



商品ページはこちらです



【地落ち 貝】



商品ページはこちらです



【地落ち 梅と丸紋唐草】



商品ページはこちらです



【地落ち 松葉】



商品ページはこちらです



【地落ち 桜花びら】



商品ページはこちらです


 その他の地落ち文様はこちら

  地落ち 「枝桜」

  地落ち 「梅」

  地落ち 「菊唐草」

  
地落ち 「桐と菊」


 とても気品があって、しなやかな情緒のある、地落ちの江戸小紋はいかがでしょう?
 江戸小紋は技術レベルが高ければ高いほど、遠目には無地に見えます。
 しかし、近くに寄ってびっくり!この細かな仕事には息をのみます。
 お茶席やフォーマルなお席にも相応しい、大変美しいお着物に仕上がります。

 ぜひ一度、お試し染めご来店にて、お手元でご覧になってみてください。

ページトップへ